ゴルフのGPSナビ(距離測定器)の性能比較&おすすめ機種

ゴルフのGPSナビ(距離測定器)の性能比較&おすすめ機種

ゴルフをする際に、飛距離を測定するためにGPSナビ(距離測定器)を活用する方もいることでしょう。ところで、GPSナビには大きく分けて3つの種類があるのをご存じでしょうか。また、どのようなGPSナビの種類ごとに、おすすめの機種を知りたいという方もいると思います。

ここでは、GPSナビの種類だけでなく、おすすめの機種などについても紹介していきます。ゴルフの飛距離が気になる方で、何を選べばよいのか迷っている方の参考になれば幸いです。

GPSナビの種類と大まかな違い

まずは、下表をご覧ください。GPSナビの種類ごとの違いについて一覧でまとめています。

種類 特徴 こんな人におすすめ
腕時計タイプ 腕時計にように、GPSナビ腕に着けることで必要な情報をゲットできる 手軽にゴルフを楽しみたい方
マップタイプ GPS機能を活用しているため、持ち運びが便利。レーザー式と比較しても低価格で機能が豊富 単にグリーンセンターまでの飛距離が測定できればよいという方や、安価で購入したい方
ボイスタイプ 小型で操作が簡単で、音声で飛距離を教えてくれる 視力が悪く、飛距離を測定することに困難を抱えている方や手軽にゴルフを楽しみたい方

腕時計タイプのおすすめ3機種

ゴルフのGPSナビ(距離測定器)の種類には、腕時計タイプがあります。ここでは、腕時計タイプのおすすめ機種のスペックについて紹介していきます。

イーグルビジョン watch5


モデル名 イーグルビジョン watch5
対応コース 国内約2,600コース
防水性能 IPX7(高い)
高低差表示 あり
参考価格 19,800円

イーグルビジョン腕時計モデルの2021年モデルです。従来より8gも軽くなった40gの軽量ボディで装着中でも違和感なくゴルフを楽しむことができます。

また、女性にも人気の腕時計タイプで、180度稼働するベルトはプレー中の柔軟な動きに対応しています。さらに、スタイリッシュなデザインも魅力的で人気の高い商品です。

ショットナビ HuG

モデル名 ショットナビ HuG
対応コース 国内全コース、海外約59,315コース
防水性能 IPX8(高い)
高低差表示 あり
参考価格 26,400円

最新モデルから、ついにカラー表示となりました。海外コースでも対応しており、見やすいメモリ液晶とスマホ連携だけでなく、心拍数や歩数などの活動量を計測することができます。

また、腕時計タイプのため持ち運びしやすく、ストレスなくゴルフをお楽しみいただけます。ただし、競技用としては活用できませんので、練習用としてお使いください。

Approach S62

モデル名 ガーミン Approach S62
対応コース 国内全コース、海外約42,000コース
防水性能 5ATM(低い)
高低差表示 あり
参考価格 68,200円

価格が上がりますが、Approach S62は腕時計タイプの最上位モデルといえるでしょう。従来品の性能はもちろんついていて、腕時計として日常使いもできるデザインとなっています。

大きな特徴としては、過去の飛距離データから風向き・風速を計算して次のショットで使う推奨クラブを表示してくれるところ。他のGPSナビでは考えられない性能です。防水性に弱いので、その点だけは注意が必要になります。

マップタイプのおすすめ3機種

次に、ゴルフのGPSナビ(距離測定器)の種類には、マップタイプがあります。さらに、マップタイプには、レーザー式とGPS式の2種類がありますが、ここでは、GPS式のおすすめ機種のスペックについて紹介していきます。

イーグルビジョン NEXT2 ←イチオシ!!

モデル名 朝日ゴルフ イーグルビジョン NEXT2
対応コース 国内全コース、海外約300コース(ハワイ、グアム、サイパン、タイ、台湾)
防水性能 IPX7(高い)
高低差表示 あり
参考価格 33,000円

イーグルビジョン NEXTの最新モデルになります。グリーンセンターを中心に自動で回転し、アクティブに距離を測定します。ピンを狙うために必要な情報を確認しやすく、何も操作せずに高低差も自動的に表示される仕組みです。

従来品より防水性が高くなったのと、設定するとグリーンのセンター距離だけでなく、ピン位置も出してくれるようになりました。私もNEXTを使っていますが、パッと見ただけでコース形態が分かるほどの鮮明で高画質なゴルフナビのため、とても満足しています。

旧モデル(NEXT1シリーズ)でも性能は十分ですし、1万6千円くらいで購入できるので、必要に応じて最新モデルを購入するか決めてみてもいいでしょう。

Shot Navi(ショットナビ)

モデル名 Shot Navi(ショットナビ)NEO2
対応コース 国内全コース
防水性能 IPX4(やや低い)
高低差表示 あり
参考価格 10,945円

コンパクトで携帯性に優れたマップタイプのGPSナビ(距離測定器)です。新機能「グリーンビュー」を搭載しており、戦略的にコースを楽しめます。さらに、表示画面の文字も大きめで見やすく、カウンター機能やスコア管理も備えたおすすめの商品です。

ユピテル ゴルフナビ YGN7000

モデル名 ユピテル ゴルフナビ YGN7000
対応コース 国内99%対応、海外約160コース
防水性能 IPX7(高い)
高低差表示 あり
参考価格 26,400円

グリーンハザードまでの距離や高低差だけでなく、OBラインもしっかり表示されます。必要な情報がすべて表示されるため、プレー中にストレスなく見ることができます。また、初心者の方でも扱いやすいガイド機能により、分かりにくい操作も安心して扱うことができます。

ボイスタイプ(ボイスキャディ)のおすすめ3機種

そして、もっと手軽にゴルフの飛距離を知りたいという方に、ボイスタイプのGPSナビ(距離測定器)があります。ここでは、ボイスタイプのおすすめ機種のスペックについて紹介していきます。

イーグルビジョン VOICE3

モデル名 イーグルビジョン VOICE3
対応コース 国内約2,600コース
防水性能 IPX5(ややあり)
高低差表示 あり
参考価格 13,200円

電源を入れるだけで、ゴルフ場やコース、ホールを自動検索してくれる機能を持っています。ボタンを押す手間は一切不要で、音声ガイダンスですべて行えるため手軽にゴルフを楽しみたい方におすすめです。

ボイスキャディ VC300A

モデル名 ボイスキャディ VC300A
対応コース 国内約全コース、海外約30,000コース
防水性能 なし
高低差表示 なし
参考価格 13,600円

約9時間の連続使用が可能で、日本国内の全コースをカバーしています。さらに、海外コースも約30,000をカバーしているため、海外でもゴルフをプレーする方にはおすすめです。

しかし、防水機能がなく、高低差が確認できないため、単純に飛距離のみ知りたい方は購入しても損はしないでしょう。また、すべて音声でナビしてくれるため、初心者でも扱いやすいです。

ボイスキャディ VC170

モデル名 ボイスキャディ VC170
対応コース 国内約2,200コース、海外約40,000コース
防水性能 なし
高低差表示 あり
参考価格 13,000円

こちらは高低差表示が可能なモデルとなります。以前までは1万円以下で購入できていたのでニーズに合えばおすすめできたのですが、2022年1月時点ではイーグルビジョン VOICE3と同価格帯になってしまったため、あまりおすすめできず…

価格が下がったら購入するか検討してみてもいいでしょう。

まとめ

最後に、ゴルフが上達するためには、GPS(距離測定器)は活用すべきです。
ここでは、腕時計タイプやマップタイプ、ボイスタイプの3種類に分けて紹介してきましたが、どのタイプも安価なものから高価なものまで幅広く販売されています。自分のプレースタイルに合ったGPSナビ選びの参考にしていただければ幸いです。