ゴルフレッスンに通いたいけど東京都内はゴルフスクールがたくさんあって、それぞれ料金やレッスンスタイルが違うためどこに通うのがベストかわからない…という方も多いのではないでしょうか?

おすすめゴルフスクールと一言で簡単に言っても、自分が通いたい条件と異なっていては意味がないですよね。(条件=マンツーマンレッスンがいい・単発レッスンで通いたい・初心者でも通いやすいところがいい、上級者向けのスクールに通いたい、などなど)

当ページでは、ティーチングプロのもとゴルフレッスンの選び方を解説し、

調査&厳選した東京都内のゴルフレッスンスクールをエリア別や条件ごとにご紹介していますので、ゴルフスクール選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

当サイト限定!
50000円割引クーポンあり!

ライザップゴルフレッスン
公式サイトはこちら

ゴルフレッスンの選び方

自分に合ったゴルフレッスンはどこだろう‥

どうやってゴルフスクールを比較したらいいか分からない‥

このような悩みを持っている方も多いですよね。

ティーチングプロの〇〇先生と一緒に、おすすめのゴルフレッスンの選び方を見ていきましょう!

ゴルフレッスン選びで重要な4つのポイント

ゴルフレッスン選びのポイント4項目!

  • 気軽さ・・・気軽に通える、行えるレッスンの形態やアクセス
  • 講師の質・・・資格保持レッスンコーチ、ティーチングプロが在籍している
  • 費用・・・長く続けられる金額、自分に合ったレッスン費用
  • ゴルフレッスンの種類・・・グループレッスン・マンツーマンレッスン・オンラインレッスンのどれか

自分に合ったゴルフスクールを選びましょう!

 オンラインレッスンインドアレッスン練習場レッスンコースレッスン
心者
(初めて~120以上)
××
中級者
(120~100)
中級者
(120~100)
おすすめの
公式サイト
詳しくは
こちら

ゴルフレッスンは、それぞれ特徴が違います。

自分に合ったゴルフレッスンを選ぶためにも、それぞれ項目別で比較しているので一緒に見ていきましょう。

ゴルフレッスンの種類は何がある?オンラインレッスン・グループレッスン・マンツーマンレッスン】

指導システムは、主に数人のグループでレッスンを受けるか、講師の先生と1対1で受けるかの2パターンがあります。

こんな人におすすめゴルフレッスンの種類

 特徴おすすめレッスン
オンラインレッスンに
向いている人

・ひとりで練習したい


短期間で上達したい


練習を記録して、比較したい

詳しくはこちら
マンツーマンレッスンに
向いている人
・本気でゴルフ上達したい


多少お金がかかっても短期間で上達したい

詳しくはこちら
グループレッスンに
向いている人
・人と接することが好き

・1人で練習することが苦手

・1対1のレッスンに不安を感じる
詳しくはこちら

メリット・デメリット

 マンツーマンレッスングループレッスン
メリット・気軽に質問できる
・上達が早い
・気軽に質問できる
・上達が早い
デメリット・レッスン費用が高い
・他の生徒の様子がわからない
・レベルの差が激しい場合がある
・上達にはある程度の時間が必要

自分の目標やライフスタイルに合わせたスタジオを見つけましょう。

ゴルフスクールって高いの?

近頃のゴルフスクールは、全額返金保証システムをつけたスクールができたり、リーズナブルなスクールも増えてきました。

中には、お手頃な費用で、有名ティーチングプロが在籍しているレッスンをオンラインで受けられるサービスも!

オンラインで有名ティーチングプロによる
お手軽にレッスンを受けられる!

ゴルフフレンズの
公式サイトはこちら

とはいえ、やはりゴルフスクールはちょっとお高いイメージがある方も多いのではないでしょうか。

そこで、各種ゴルフスクールの必要料金やレッスンの相場料金を見ていきましょう。

ゴルフスクール料金の相場を確認!

入会金 スクールの会員になるために必要な料金です。 定期的に更新料が必要なスクールもあれば、1度入会すれば更新が必要ないスクールもあります。登録手数料がかかるところもあります。
レッスン費用 月額制と回数制があります。月単位での料金設定となっているところが多いです。
 オンラインゴルフレッスン
【ゴルフフレンズ】
インドアレッスンゴルフ場でのスクール
入会金5,000円前後
レッスン料15,000円前後20,000円講師によって値段は変動します
+ラウンド料
おすすめのレッスン詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

都心になればなるほど、土日・祝祭日は料金は高くなる事が多いです。

プライベートレッスン(マンツーマン)的なプランの場合も、料金は割増になります。

東京のゴルフスクールおすすめブランドランキング

これから東京のゴルフスクールを数多くご紹介していきますが、中でも一番のオススメは、日本全国に多く店舗を構えるライザップゴルフです!

》当サイトから入会すると5万円割引!詳細はこちら

ライザップゴルフ

東京のおすすめゴルフレッスン「ライザップゴルフ」
総合評価 評価4.5

(4.5)

店舗 新宿・飯田橋・六本木・三田・日本橋・銀座・池袋・立川
料金(1回あたり) 約24,000円
営業時間 7:00~23:00
定休日 年中無休

ライザップゴルフの高評価ポイント

  • シミュレーションを使って18ラウンドのコースを試打できる
  • 全国21店舗、月に何度でも完全個室で自主練習ができる
  • 施設が新しく、最新の高機能機器を使ったレッスンが受けられる
  • クラフトマン在籍で、身体や癖を踏まえたクラブフィッティングをしてくれる
  • レッスン日以外でもLINEやメールをすればアドバイスしてくれる
  • ボディメイク同様、結果にコミットしてくれるとの口コミ多数
  • 年中無休で営業時間が長いため、忙しい人でも通いやすい

編集部より総まとめ

ライザップゴルフは施設設備が整っており、他のスクールにはない最新機器を使ったレッスンやクラ ブフィッティングを行ってくれます。口コミの評判も良く、「どうしても直せなかった癖が直って、飛距離が伸びた」「何もできない状態で基礎から教えてもらったから効率よく上達できた」という口 コミがみられます。マンツーマンでみっちり指導してくれるというのはやはりライザップの強みですよね。

料金は16回コースで (1回あたり約24,000円)と他スクールに比べるとやや高めですが、完全個室の マンツーマンレッスンで自主練習は何回でも通うことができます。だらだらとグループレッスン×ボ ール代を数年間払い続けるより、短期でスイングを完成させた方がよっぽどコスパも良いと思ってい ます。←実際私は通って良かった。

ライザップゴルフは1からゴルフを覚えたいという初心者から、スイングの改善・スコア80台を狙っ ている上級者まで通えるゴルフスクールです。とくに短期間で上達したい方や本格的なレッスンを受 けたいという方におすすめです!

また、「他のスクールに行ってみたけど成長しなかったし、迷走した」という方も、最後の砦として ライザップゴルフを検討してみてほしいと、私は強く思います。今なら体験レッスンが3,300円で受 けられます!

》当サイトから入会すると5万円割引!詳細はこちら

ペナルティーエリアの基本ルール!赤杭と黄杭の違い

ペナルティーエリアの基本ルール!赤杭と黄杭の違い

ゴルフには細かいルールがたくさんあります。状況によって対処方法が変わるので、基本的なルールをしっかりと頭に入れておかないと適切な対処をすることができなくなります。適切な対処ができないとスコアを落としてしまったり、同伴競技者に不快な思いをさせてしまったりすることがあります。

2019年にゴルフのルールが改正されて、これまでのルールを頭に入れていた人も新たなルールを覚え直さなければなりません。そこで、今回はゴルフのルールの中でも勘違いしている方が多いペナルティーエリアでのルールを解説していきます。

ペナルティーエリアとは?

ペナルティーエリアでの基本ルールは今回のルール変更で大きな変更点があります。まずは、エリアの名称変更が行なわれました。これまでのルールではウォータハザードと呼ばれていたエリアが、今回のルール変更でペナルティーエリアと呼ばれることになりました。

ウォータハザードだけでなく、ブッシュや崖、岩場、密集した森などボールが探すのが困難であり、仮に見つかったとしてもプレーを続けることができないエリアも含まれています。

ペナルティーエリアは赤杭と黄杭で色分けされています。この2色の杭には大きな違いがあります。それは救済に対する対処方法の数の違いです。赤杭では3つ、黄杭では2つの選択肢の中から対処方法を選ぶことができます。

黄杭に入った場合の対処法

黄杭に入った場合のペナルティー

黄杭の場合には、1つ目の対処方法として最後にラインを横切った地点の後方にドロップすることができます。2つ目の対処方法としては、元の位置に戻って打ち直すことができます。

赤杭に入った場合の対処法

赤杭に入った場合のペナルティー

赤杭の場合は、黄杭の場合と同様の2つの対処方法に加えて、赤杭ではもう1つの対処方法が増えます。それが、最後にボールが横切ったラインから2クラブレングス以内でピンに近付かない位置にドロップできます。赤杭と黄杭の違いは救済の幅です。そのため、赤杭の方が若干有利になるのです。

ペナルティーエリアの基本ルール

ペナルティーエリアでのプレーの基本ルールに大きな変更がありました。そちらを詳細に解説していきます。

ソールして打ってもOK

これまでのルールではペナルティーエリアの入ってしまったボールを打つ時にはソールする(クラブを地面につける行為)ことが禁止されていました。そのため、普段ソールをして打つクセのある方は赤杭の中でのプレーには注意が必要でした。しかし、今回のルール変更でソールが許されることになったので、覚えておきましょう。

ペナルティーエリア内からそのまま打つことができる(無罰)

ペナルティーエリアに入ってしまっても、無罰でそのまま打つことができます。明らかに打てない位置にボールがあれば救済を受けるという選択をすることもあるでしょう。しかし、そのまま打てそうであれば、無罰であるため打ってしまうというのも選択肢の1つです。このルールによって罰を受けずにボールを前に進めることが可能になるため、スコアアップの可能性も広がります。

救済措置が受けられる

どうしても打てない状況であれば救済を受ける必要があります。救済の方法は3つあるため、適切な対処方法を行ないましょう。

①打った場所から打ち直しをする(1打罰)

救済の1つは打ち直しです。1打罰で元の位置から打ち直すことが可能です。元の位置と現在のボールの位置が近い場合には、この救済方法を選択すると良いでしょう。遠い場合には、後ろの組が元のボール位置まで来てしまっている可能性があるので、この選択をすることが困難になります。

②最後に境界を越えた地点とホールを結んだ後方線上の1クラブレングス以内にドロップ(1打罰)

もう1つの救済方法はドロップする方法です。最後にラインを横切った地点に注目しましょう。そこからホールを結んだ後方線上に1打罰でドロップすることができます。この範囲は後方線上の1クラブレングス以内になります。

③最後に境界を越えた地点から2クラブレングス以内で、ホールに近づかないようにドロップ(1打罰)

ドロップする救済方法にはもう1つの方法があります。それが最後にラインを横切った地点を基点として2クラブレングス以内でホールに近付かない位置に1打罰でドロップする方法です。②と似ていますが、②は横切ったラインとボールの後方線上にドロップするのに対して③は横切ったラインを基点とするという違いがあります。横切ったラインとホールの線上に障害物がある時には③の方法を利用するなどその時に状況を瞬時に判断して適切な救済方法を選択しましょう。