スローゲームを防ぐ暫定球の正しいルールとは?

暫定球の正しいルール

2019年にゴルフのルールが改正されました。これはスムーズにプレーを進められるようにルールが改正されています。ゴルフの世界でのスロープレーは罰を受けることもあるほど、悪いプレーとされています。

同伴競技者がノロノロとプレーしていたり、前の組のプレーが遅かったりしてイライラした経験がある方も多いかと思います。そこで今回は、そんなスロープレーを防ぐための暫定球の正しいルールを解説していきます。

暫定球とは?

まずは、暫定球とはどのような性質を持っており、どんな目的で打つのかを解説します。暫定球とは、打ったボールがOB・ロストした可能性がある場合に、改めて予備でボールを打つ行為を指します。

念のために打っておくものなので、最初のボールが残っていれば、暫定球を回収してそのままプレーして構いません。最初のボールが見つからなかった時にあらかじめ打っておいた暫定球を使用してプレーを続けることができます。

こうすることでプレー時間を短くしてスロープレーを防ぐことができます。最初のボールが残っているのかどうか微妙な位置に行ってしまった場合には、暫定球を打っておくことで速やかなプレー進行が可能になります。

暫定球を打つ手順

ボールの行方を同伴競技者やキャディーに確認してもらい、微妙な位置に落ちてしまった場合には暫定球を打っておきましょう。初心者の方でその判断がつかない場合にはキャディーに判断を仰ぎましょう。

暫定球の打ち方としては、まず暫定球を打つことを宣言します。暫定球を打つことと暫定球として使用するボールのメーカーと番号を同伴競技者に伝えましょう。もしも、この宣言を怠ってしまうと打ったボールは暫定球として認められず、紛失球扱いになってしまいます。その場合には1打罰を加えた上で暫定球のボールでプレーを続けることになります。

暫定球のルール

暫定球の打ち方がわかったところで暫定球の詳しいルールについて解説していきます。ルールをしっかりと覚えておき、その状況ではどのような対処をしなければならないのか把握しておかないとスムーズなプレーは難しくなります。状況別の対処方法を頭に入れておきましょう。

最初のボールを探し始める前に暫定球を打たなければならない

暫定球を打つ場合には、最初のボールを探し始める前に打たなければなりません。これはそもそも何のために暫定球を打つのかということを考えるとわかりやすいと思います。最初のボールが見つからない可能性があるために暫定球を打っておくので、ボールを探し始めて見つからなかったから暫定球を打つというのは、暫定球の意味がありません。最初のボールを探し始める前に、しっかりと暫定球を打っておきましょう。

最初のボールがOBでない状態で見つかったら暫定球を放棄

暫定球を打った後に次のボールを打つために移動すると思います。実際に移動した後にボールがOBでない状態で見つかった場合には最初のボールを使用してプレーを続けなければなりません。もしも、最初のボールが見つかっているにも関わらず、暫定球の方が、状態が良いからと暫定球でプレーを続けてしまうとペナルティーの対象となります。その場合には2打罰となってしまうので、最初のボールを見つけた場合には最初のボールを使用してプレーを続けましょう。

最初のボールを追い越すまでは暫定球

暫定球のルールとして最初のボールを追い越すまでは暫定球としての効力を有しており、プレーを続けることができます。例えば、暫定球をミスショットしてしまい、暫定球のセカンドショットを打ったとします。この時に暫定球のサードショット地点で最初のボールが見つかった場合には、暫定球がなかったことになる可能性があります。暫定球のセカンドショットが最初のボールを追い越していなければ暫定球がなかったこととなり、最初のボールをセカンドショットとしてプレーを続けることが可能になります。

暫定球を打たずに進んだが、ボールがみつからなかった場合

最初のボールが残っているものと思い、暫定球を打たなかったにも関わらず最初のボールが見つからなかった場合にはどのような対処が必要なのでしょうか?
元の場所に戻ってから打つ場合には1打罰でプレーを続けることができます。しかし、後ろの組が来ている場合にはこの対処をすることは難しいので別の対処方法を行なう必要があります。

ボールがなくなってしまったと思われる位置から打つ場合には2打罰でプレーを続けることができます。ほとんど場合には後ろに戻って打つということは困難なので、この対処方法を選択するケースが多くなります。

暫定球を打っておかないとこのように大きなペナルティーを科せられてしまい、スコアも悪くなってしまいます。飛球線を追っていき、打った場所からでも明らかにボールを確認できているという場合は暫定球を打つ必要はないでしょう。

しかし、少しでもロスト、OBの可能性がある場合には暫定球を打っておくことをおすすめします。暫定球を打っておくことでペナルティーを受ける心配もなくなるし、スロープレーを避けることが可能になります。